社長と部長 ~ぶちょー目線で~

ぶちょー目線で会社の活動や社長の考えを報告していく気楽な日記です。

コロナウイルスの影響が…。リスク軽減への取り組み①

 

f:id:Insighthouse:20180129090057j:plainコロナウイルスの影響は不動産業界にあるのか? 

不動産業界への影響をまとめたページを発見しました↓

お客様に物件を見に来て頂き、色々な疑問や心配事に店内でお答えするというのが、不動産屋さんでは重要ですが、今の社会情勢的にご内覧、ご来店を強くは勧められません。ホームページの物件情報や室内写真、撮影できる物件は360度パノラマ写真をより充実させていき、『ご自宅からご内覧、物件情報をチェック』しやすいように工夫していくのしかないのかもしれません。繁忙期にこの状況になり、大きな影響を受けてしまい大変な街の不動産屋ですが、出来ることから少しずつ頑張っていきます。

何とか感染拡大させないための取り組みを下記の通り発表させて頂きます。初めてのことで、下記の対応で万全かどうか…様子見ながら方針も見直していければと思っています。お客様はもちろん、働く社員にとっても、リスクを軽減させて、この緊急事態を終息させていけるように街の不動産屋さんでもできることから取り組んでいきます。

コロナウイルス感染者拡⼤における当社⽅針及び注意点〜
【今後の当社の⽅針】
①全社員は、外出した際や人に会ったあとは、 こまめな手洗いを徹底すること。使用したテーブルや席などは、その都度、アルコール除菌すること。

②マスク着用必須(外出時、接客時)、店内は任意とする。
③ 37.5 度以上の発熱がある人は出勤禁止。
④ 時差出勤の活用によって、感染リスクが高い通勤ラッシュの時間帯を避けた通勤を認める。
etc
【注意点】
・発熱のある場合は、検温し、記録する。発熱症状のある場合は、外出を控える。
・同居の家族が当感染症の疑いがある場合は、居住地の保健所へ連絡をし、指示を受けて、速やかに会社へ連絡をすること。
・37.5 度以上の発熱が 4 日間続く場合、強いだるさ(倦怠感)息苦しさ(呼吸困難)があった場合については、京都府新型コロナウイルス感染症に関わる専用相談窓口、帰国省・接触者相談センターへ相談する。