社長と部長 ~ぶちょー目線で~

ぶちょー目線で会社の活動や社長の考えを報告していく気楽な日記です。

あなたの街の不動産屋が秋2019に想うこと

今年の秋の店内の飾り付けどうしようかな?と考えてましたが、赤トンボと夕焼け雲にしました。よくある紅葉の造花とかも考えたんですけど。店内の雰囲気にマッチしていると思っているのですが、いかがでしょうか?お近くに来た際はぜひ確かめに来て下さい。

f:id:Insighthouse:20191027165510j:plain店内の赤とんぼと夕焼け雲の秋の飾付

夜長になってくると秋だなーと実感します。そんな夜長に色々と考えてました。思えば、このブログを始めてから約半年が過ぎようとしてますが、不動産屋っぽいこと書いてこなかった気がしました。そこで不動産屋ぽいことを考えてみることにしました。そしたら興味深い記事を見つけました。

不動産屋なら秋といえば多忙期だとよく言われます。お盆のある夏や年末年始から家やお部屋を探す人は減ってしまうみたいです。夏よりは秋の方が忙しい傾向にあるようですが、春と秋が忙しいと私も思ってましたが、3月4月の次は2月とかの冬みたいです。その次にイメージ通りの秋の9月10月11月。

一八がダメ。1月8月は何をしてもダメ。特に京都は夏は暑すぎる。冬は底冷えするから寒すぎるから特に影響を受けやすいのかも?又、一般常識では春と秋は人事異動の季節です。しかし、人事異動の時期は3月・4月・6月・7月・9月・10月と業種によって違うとこの記事にもありますし、逆に年明けから家探しや部屋探しをする人はいないと思ってましたけど、ネット上では検索をし始める時期だというデーターが出てますね。

ようするに、どんな季節でもお客様のために色々できることがあるということなんだな~と改めて思いました。でもいずれは、暑い夏を涼しく、寒い冬に暖かく、お忙しい時でもスムーズにお家やお部屋の内覧、ご相談対応を可能にする為にも当社独自AIシステム開発に取り組みだせたら・・・夢が頭をよぎりました。夢のまま終わってしまう可能性が高いですが、実現させるためにも、1人1人の目の前のお客様を真摯に対応していきます。