社長と部長 ~ぶちょー目線で~

ぶちょー目線で会社の活動や社長の考えを報告していく気楽な日記です。

地域貢献をしたいという想い

 

うちの社長は、口を開けば「地域の方々…」「地域貢献」という言葉が多くでてきます。地域貢献をしていきたい、多くの企業が目指すところです。では、一体社長はどんな想いで会社を経営していこうと考えているのか?と聞いてみると下記のような答えが返ってきました。

実際に、多くの人から評価される形で地域貢献を継続させていくことは非常に難しいことだと思いますが、弊社が目指すべき姿は、下記の話の中にあると思いましたので、最初にご紹介させて頂きます。

 

「社長の話」

地域貢献をするということは、イベントや大きなプロジェクトに取り組まなくても、日々の生活の中から思いがけなく、お役に立てることあるのだと思わされることがありました。弊社には山科在住のスタッフが多いです。その為、勤務時間外も生活圏である山科で行動をしていることが多いです。それが地域の方のお役に立つことがあるのだと実感した出来事がありました。以前、お客様の子供さんが家出をしたと警察に届け出をしようとしていた家族がおられました。たまたま弊社スタッフが公園を通った時に子供さんを発見し、そのお子様の様子に違和感を覚えたので、声をかけ、ご両親に連絡し、保護しお家にまで送りました所、お母様が心配して泣いておられ見つかって良かったと心から喜んで頂いたことがございました。
これも地域に密着を目指し、日頃から、スタッフ自身がこの街に住んでいるからこそ起こった出来事ではないかと考えました。そのように私たちは、日頃から山科で地域の方と多く、深い繋がりを持っていくことで、お客様の日頃の暮らしに直接お役に立てることが見つかると考えています。
不動産以外のことでも、地域(山科)の暮らしの中で、お困りごとや相談したいことが、あれば、弊社スタッフに気軽に相談して頂ける存在(会社)になっていきたいと考えています。